※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/03/24

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0022
表題
Title
自然科学用語の語史研究
概要
Description
幕末・明治大正期に起源をもつ自然科学用語の変遷と定着の過程についての調査資料。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱39箱
資料作成者
Name of creator
言語変化研究部第二研究室
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
本資料群を生み出した研究は,現代の自然科学用語について日常生活になじみの深い語を取り上げ,外国語からの翻訳語を中心に,主として幕末・明治大正期に起源をもつものを見つけ出し,それらの用語が定着していく過程を明らかにする,という目的で実施された。この研究は1982年度から1997年度まで実施され,言語変化研究部第二研究室が一貫して担当したが,研究題目は以下のような変遷をたどっている。
・1982/1986年度:現代語彙の源流に関する研究
・1987/1991年度:自然科学用語の語史研究
・1992/1994年度:自然科学用語の変遷と定着。

本研究では主に以下の作業が行われた。
・1982年度:幕末・明治大正期に起源をもつ自然科学用語2,000語に関する英和辞典(7種)の訳語対照カードの作成
 ・1982/1996年度:訳語435語,外来語70語につき,自然科学関係の専門書・概説書・啓蒙書・教科書からの訳語・外来語の用語カード採集
・1983/1985,1987/1989年度:明治期の専門語辞典の訳語・外来語の調査
・1991年度:これらの自然科学用語を5つのタイプに分類。
本研究の担当者は以下の通りである。 ・飛田良文(1982/1991年度) ・梶原滉太郎(1982/1996年度) ・高梨信博(1982/1988年度) ・中山典子(1982/1996年度)。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
[1974カ]-1998
管理歴
Custodial history
旧近代語研究室(山田貞雄)より他の近代語研究関連資料とともに移管された(2004-11-02)。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
この資料群(フォンド)を構成するのは以下の7種類の資料である。
・自然科学用語2,000語に関する英和辞典(7種)の訳語対照カード(化学,天文学・地学,工学)。
・自然科学関係の専門書・概説書・啓蒙書・教科書から採集した訳語・外来語の用語カード。明治期の専門語辞典・専門書を複写・製本したもの。
・一部の自然科学用語について,各種の英和辞書に掲載されている訳語を記入した「訳語対照一覧表」などの表。
・本研究の計画に関する書類。
・本研究で生成された資料をもとに分析を行った成果をまとめた資料。
・調査の過程で使用したカードのサンプルや作業用メモなど。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
一部重複資料の排除をしたが,基本的に移管時のまま。
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
「近代語の探索的研究」(fo0024)資料は,本資料群と同じ科目立てで分類されており,移管前には一括保存されていたため,密接な関連があると考えられる。利用の際には相互参照のこと。
「人文関係用語の成立過程」(fo0023)を生み出した研究で用いられた調査手法は,本研究で一部応用されている。
fo0124「近代語語誌関係の資料」
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
研究成果をもとに発表された論文は以下のとおり(発表順)。
・梶原滉太郎「訳語の歴史についての一試論」(『言語生活』1983-12号)
・梶原滉太郎「専門用語と和語」(『日本語学』1989-10号)
・梶原滉太郎「『天文学』の語史」(『研究報告集』第13集,秀英出版,1992-03)
・梶原滉太郎「『温度計』の語史-近代漢語(Aタイプ)の変遷と定着-」(『研究報告集』第14集,秀英出版,1993-03)。
また,以下の口頭発表がなされている。
・梶原滉太郎「近代漢語の変遷と定着-『温度計』の語史を例として-」(国立国語研究所研究発表会,1992-03-25)。
各年度の作業の概要は,『国立国語研究所年報』34-45(1982年度/1993年度)に掲載されている。
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2006/06/26
記述作成者
Name of recorder
坂口貴弘,森本祥子
記述言語
Language of record
日本語