※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/03/24

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0024
表題
Title
近代語の探索的研究
概要
Description
これまで近代語研究の資料としてほとんど使われなかった諸文献から語彙を採集したカード。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱1箱
資料作成者
Name of creator
言語変化研究部第二研究室
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
本資料群を生み出した研究は,現代語彙の直接の源流である江戸末期や明治期の言語を多角的な観点から概観し,それらの成果を近代日本語の今後の研究の指針とする目的で実施された。そのために,
・従来使われてきたもののほかにも有益な資料となる文献はないかどうかを具体的に検討した。その作業として,とくに語彙研究に適した資料かを判定する目的で,多くの分野の文献を予備調査した。
・1992年度以前の約5年間に近代日本語の研究が学界全体でどのように進歩してきたかを詳しく知るため,その時期に出た著書・論文のうちで特にすぐれたものを選び出して検討を加えた。
この研究は1992年度に実施され,言語変化研究部第二研究室(梶原滉太郎・中山典子)が担当した。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1992-1993
管理歴
Custodial history
旧近代語研究室(山田貞雄)より他の近代語研究関連資料とともに移管された(2004-11-02)。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
本資料群(フォンド)は,この研究のうち,従来ほとんど使われなかった文献を選び語彙を調査した際に作成されたカード。調査対象文献は
 『寺田寅彦全集』(全16巻中15巻)
 『中谷宇吉郎随筆集』
 『雪』(中谷宇吉郎)
 『米欧回覧実記』
 『北槎聞略』(桂川甫周)
である。
カードの分類は「自然科学用語の語史研究」と同じ科目だてになっていることから,両研究は密接に関連したものだったと思われる。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
「自然科学用語の語史研究」の用語カードと密接な関係がある。利用の際は相互参照のこと。
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
本研究の概要は,『国立国語研究所年報』44(1992年度)に掲載されている。
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2006/02/13
記述作成者
Name of recorder
坂口貴弘,森本祥子
記述言語
Language of record
日本語