※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/11/02

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0027
表題
Title
幼児・低学年児童の語彙調査
概要
Description
幼児・低学年児童は,「どれだけの語彙量を持つか」「どんな語彙体系を持つか」を明らかにすることを目的として,1976年度から1978年度にかけて実施した幼児の言語調査。
配架位置
Location of material
中央資料庫,中央メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
1976-1978
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱2箱,オープンリール(ビデオ)6本,DV-CAM6本,カセットテープ47本
資料作成者
Name of creator
言語教育研究部第1研究室
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
―研究概要―
本研究は,昭和51(1976)年度から昭和53(1978)年度かけて,科学研究費補助金(一般研究A)の交付をうけ,幼児・低学年児童における語彙の実態・特色を現時点で明らかにし,今後の語彙教育に,多少なりと資することを期して行なわれた研究である。  また,1974年から1984年まで国立国語研究所言語教育研究部第1研究室で進めていた「幼児・児童の認知発達と語の意味の習得に関する調査研究」との連携により行なわれた。
―研究経過―
昭和51(1976)年度は準備調査として方法論の検討。
昭和52(1977)年度は本調査として,東京の幼児・児童を対象に「語彙使用量調査」「24時間語彙調査」「語彙連想調査」「言語生活アンケート調査」を実施。
昭和53(1978)年度は東京と異なる言語地域(秋田)に住む幼児の言語調査を実施し,2女児の語彙表を作成した。詳しくは,「国立国語研究所年報」28-30(昭和51-昭和53年度)を参照のこと。
―研究組織―
芦沢節(S51・52代表) ・村石昭三(S53代表)・大久保愛・岩田純一・斎藤秀紀
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1976/4-1979/3
管理歴
Custodial history
第1資料庫(西が丘庁舎)に保管されていたものを,移転を機に整理し,2003年移管
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
文字化資料,文脈つき用語索引(KWIC,品詞情報・使用数),五十音語彙表(手書き),録音・録画資料(カセットテープ,オープンリールビデオ)
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報を含む資料は,原則として非公開
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報を含む資料は原則として複写不可
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
オープンリールビデオはDV-CAMの複製あり
関連調査・研究
Associated material
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
「就学前幼児の語彙―4児による日常生活語の実態―」『研究報告集3』(国語研究所報告71,1982.3)
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2006/07/20
記述作成者
Name of recorder
小高京子
記述言語
Language of record
日本語