※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/07/21

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0061
表題
Title
話しことばの文法の調査研究
概要
Description
共通語の話しことばの文法の体系的研究を目ざした調査研究。
配架位置
Location of material
中央資料庫,中央メディア保管庫,カード保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱7箱,オープンリール(録音)390本,DAT616本,縦型カードケース31ケース
資料作成者
Name of creator
第1研究部話しことば研究室:大石初太郎・宮地裕・鈴木重幸・吉村香苗・高橋隆子・衛藤蓉子
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
本研究は,話しことばの文に関する文法の基礎的・概観的調査の報告書『話しことばの文型(1)(2)』(報告18・23)に続くものとして,文法の問題点を順次取り上げて詳しい調査分析にもとづき,文や句や文節の構成など,文法の分野ごとに組織的に記述することを目ざした。
研究課題は以下の通り
「話しことばの文法の調査研究」(昭和38-39年度)は,文の構造面において 1)語順の研究,文法と関連すると考えられる音声面から 2)イントネーションの研究 3)ポーズの研究を行なった。
「現代語の文法の研究」(昭和40-42年度)は,1)語順等の研究 2)句関係の研究 3)イントネーションの研究 4)文における表現の類型に関する研究(S41), 5)現代日本語の文法の記述的研究-動詞のvoice等の研究-(S42)を行なった。
また,語順調査は映画シナリオの会話文,イントネーション研究では2名の自由対話,ポーズ研究ではラジオのニュース解説・講演・文学作品の朗読の発話資料,そして句関係・文表現では文学作品を資料とした。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1963/4-1969/2
管理歴
Custodial history
西ヶ丘庁舎第1資料庫に保管されていてものと研究開発部門2-1より移管されたものが,立川移転(2005)とともに中央資料庫で合流した。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
研究過程で生成されたプリント類と映画シナリオの会話文用例カード及び,成果としての2つの用例集と「話しことば研究室録音資料一覧」。「現代語の文法の研究-句関係の研究-」で使用した文庫本多数。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報は原則として非公開。
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報は複写不可。
資料使用言語
Language of material
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
『話しことばの文型(1)(2)』(報告18・23)。なおfo0062「話しことば研究室の資料」に関連書類が含まれる。
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『国語研究所年報15-19』(昭和38-42年度)
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2007/06/08
記述作成者
Name of recorder
小高京子
記述言語
Language of record
日本語