※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/03/24

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0080
表題
Title
新聞の文章のわかりやすさに関する調査研究
概要
Description
新聞の文章を読みやすく,わかりやすいものにするためにはどんな条件が必要であるかを実験的に調査(縦書き・横書きの違いなど)。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱12箱
資料作成者
Name of creator
第2研究部言語効果研究室
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
本研究は,新聞の文章の読みやすさ・わかりやすさを作りだす条件(要因)について,その度合いの変化と理解度の関係を調査分析したものである。
研究課題と経過は以下のとおり

S31・32年度「新聞の文章の漢字使用に関する実験的研究」
 新聞の文章を読みにくく,わかりにくくしている要因は,用字・用語・文章構造・記事内容など,いろいろあげられるが,まず用字,とくに漢字の問題を取りあげ,読みやすさ・わかりやすさと漢字使用との関係を調べた。
→31年度:S30年1月-12月の,朝日・毎日・読売3紙の記事(本文・広告)から391記事を抜き出し(サンプルの大きさは1/725),書きかえの原則7項目に従って書きかえ,実験新聞を作成した(1956年11月15日号から1957年1月13日号まで60号発行)。この実験新聞をつかい以下の調査を行なった。
1)実験新聞の読みやすさに関する意見調査
2)実験文章の眼球運動の観察と分析
→32年度:調査の分析を深めた。

S33・34年度「新聞の文章のわかりやすさに関する調査研究」
→33年度:新聞文章の読みやすさ・わかりやすさに関係があると考えられる要因(条件)として,
1)たてがき・よこがきのちがい
2)語の難易度のちがい
3)漢語の複合度の高低のちがい
4)文構造の複雑・単純のちがい
5)文章構造の相違
6)見出しの強調点の相違
7)リードの有無
8)解説記事の有無
の8個条と決め,その度合いをいろいろに変化させた場合,理解度がどう変わるかを,中高校生に対する読解テストの形で調べた。
→昭和34年度:33年度の結果をさらに確かめるために,問題文を長くして,同一文章を縦組みにした場合と横組みにした場合との読了速度と理解度との比較を試みた。

S35年度「新聞の文章に関する調査研究」
→横組みに適した字形・字体の設計の条件を明らかにするために,字形の違いが
1)読了速度や 2)理解度 に影響するかどうかを調べた。
31-35年度担当者:永野賢,林四郎,渡辺友左,宮地美保子
なお,31-35年度は『国立国語研究所年報』8-12に詳しく報告されているので参照のこと。

S36-38年度「国語文章の横組みのための印刷条件の研究」
→36年度:35年度の1),2)に 3)見た目にきれいである, を加えて調べた。
  37年度:最終的な資料の整理
38年度:報告書執筆
36-38年度担当者:永野賢,高橋太郎,渡辺友左,宮地美保子,屋久茂子
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1956/4-1964/3
管理歴
Custodial history
第1資料庫(西が丘庁舎)に保管,移転により中央資料庫へ移管
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
実験新聞編集に使用した新聞記事及び各年度の調査票
実験新聞.実験新聞の素材記事(書き換える漢字に印入り)を切り貼りしたもの,及び模擬新聞原稿.実験新聞ヌキバリ台帳.各種調査票及びアンケート.穴あきカード(集計に用いたものカ)
新聞総合調査委員会資料:記事文構造テスト 調査票(新聞記事アンケート),ノート,集計結果 等 (別資料群より移動追加)
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報を含むものは原則不可
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報を含むものは原則不可
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『横組みの字形に関する研究』(国立国語研究所報告24 1964.3)
『国立国語研究所年報』8-15(昭和31-38)
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2007/03/01
記述作成者
Name of recorder
小高京子
記述言語
Language of record
日本語