※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/03/24

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0088
表題
Title
現代雑誌200万字言語調査
概要
Description
1994年刊行の雑誌70誌を素材にした言語計量調査に関する資料。
配架位置
Location of material
中央資料庫,中央メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱48箱,CD1枚,雑誌
資料作成者
Name of creator
【言語体系研究部(1993-2000)】部長〔中野洋(1993-1997),相澤正夫(1998-2000) 〕;第3研究室〔石井久雄(1993-1997),笹原宏之(1996-2000),小沼悦(1998-2000) 〕;第1研究室〔山崎誠(1999-2000),鈴木美都代(1999-2000) 〕;第2研究室〔石井正彦(1999-2000) ,柏野和佳子(1999-2000),加藤安彦(2000) 〕  【研究開発部門(2001-2005)】部門長〔相澤正夫(2001-2005) 〕;第1領域〔加藤安彦(2001-2002),山崎誠(2001-2005),笹原宏之(2001-2004),高田智和(2005),小沼悦(2001-2005) 〕
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
本調査は,日本語の変化予測の理論的研究とともに行った実態調査である。1994年刊行の月刊雑誌70誌から,約200万字の標本を抽出し,そこに使用されている語彙および文字・表記について調査・記述を行い,現代雑誌に現れる書き言葉の実態を明らかに使用とした。これは,1956年発行の雑誌90種を資料とした「現代雑誌一般の用語・用字の概観調査」以来の,大規模な現代雑誌の用語用字調査となる。雑誌70誌の選定方法,対象雑誌一覧は『現代雑誌の漢字調査』(国立国語研究所報告119,2002年)を参照のこと。
本調査に関わる研究課題は以下の変遷をたどった:
  1993-1996年度:言語計量調査「現代雑誌の用字」
  1997-1998年度:特別研究「日本語の変化予測についての基礎的研究」の一環
  1999-2000年度:特別推進研究「現代雑誌200万字言語調査」
  2001年度:「現代日本語における書き言葉の実態解明と雑誌コーパスの構築」の一環
この過程で,
(1) 漢字調査(漢字表の作成)
(2) 語彙調査(語彙表の作成)
(3) 表記に関する調査(語表記のゆれ一覧,および,漢語の表記一覧作成)
の3種類の調査を順次行い,それぞれに報告をまとめた。作成された報告書は「関連出版物」の項目を参照のこと。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1993-2005
管理歴
Custodial history
研究開発部門第1領域より移管。このうち,分析対象雑誌は第2室,それ以外の雑誌は第4室で保管されてきた。分析対象以外の雑誌・資料は立川庁舎移転時に移管され、分析対象雑誌・資料は報告書刊行後に移管された。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
本資料群は,主として雑誌原本から構成される。ここには分析対象としたものと分析対象とならなかったものの双方が含まれる。このほか,サンプル原本,作業ファイル,雑誌選定のための参考資料などが含まれる。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
評価選別は行っていない
追加受入
Accruals
予定されていない
利用条件
Access conditions
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
資料使用言語
Language of material
雑誌内に散見される外国語を除き,すべて日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
本調査データを元に,文化審議会国語分科会における「情報化時代に対応する漢字政策の在り方について」の審議の参考とするため,以下の資料を作成した。
(1) 『現代雑誌の漢字調査(頻度表)』(国立国語研究所編,2005.10)
(2) 『『現代雑誌の語彙調査』に基づく漢字音訓一覧表』(国立国語研究所編,2005.11)
(3) 『『現代雑誌の語彙調査』に基づく表記一覧』(国立国語研究所編,2006.11)
作成担当者は,研究開発部門長〔相澤正夫〕,研究開発部門〔三井はるみ((1)・(2)のみ),田中牧郎((3)のみ),小椋秀樹,朝日祥之((1)・(2)のみ)〕。
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『現代雑誌の漢字調査』(国語研究所報告119,国立国語研究所編,2002.3)
『現代雑誌の語彙調査:1994年発行70誌』(国語研究所報告121,国立国語研究所編,2005.3)
『現代雑誌の表記:1994年発行70誌』(国語研究所報告125,国立国語研究所編,2006.3)
「現代雑誌200万字調査語彙表(CD-ROM版) ver. 1.0」(国立国語研究所編,2006.3)
『国立国語研究所年報』45,1994.12
備考
Note
移管年月日
Reference code
2004/9/24,2006/6/
移管者名
Name of applicant
笹原宏之,山崎誠・小沼悦
記述作成年月日
Date of record
2008/06/16
記述作成者
Name of recorder
森本祥子
記述言語
Language of record
日本語