※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/10/19

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0100
表題
Title
待遇表現の実態:松江24時間調査資料から
概要
Description
1963年の松江調査での24時間調査の録音文字化資料による待遇表現の研究。国語研究所として初めて,話しことば資料の処理に電子計算機を利用した。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱 18箱
資料作成者
Name of creator
第4研究部第1資料研究室 南不二男 松本昭 沢田さち子 益子芳江
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
[概 要]
本研究は,昭和38年度(1963)に実施の松江調査で,ある家庭の一日の発話を録音した24時間調査の録音文字化資料による待遇表現の研究であり,国語研究所として初めて話しことば資料の処理を電子計算機で行った研究である。関係研究課題名は,「国民各層の言語生活の実態調査」(s38,39年度),「電子計算機による話しことば資料の分析・処理の研究」(s41年度),「言語情報処理に関する基礎的研究」(s42年度),「電子計算機による言語処理に関する基礎的研究」(s45年度)。
使用した資料は,松江市のある市民の家庭内での一日の発話の録音の文字化資料である。録音は,昭和38年11月29日午前6時から午後10時まで(約16時間),発話者は5人の家族と訪問者24人である(報告書での対象範囲では5人の家族と訪問者16人)。文字化資料は,三種類のテクストがあり,音声表記テクスト(16時間分全部),音韻表記テクスト(約8時間分),形態音韻表記テクスト(約8時間分)である。音韻表記テクストには,文番号,話し手:聞き手(同居家族/訪問者,個人番号,性別),文の切れ目,文の種類(普通文,疑問文,中断文),文節の切れ目 について情報を付加した。形態音韻表記テクストは,コンピュータ処理のために作成したテクストで,さらに形態素の切れ目の情報を付加してある。
また,語数カウント単語表ABC順・度数順作成プログラム,用例出典つき語彙表作成プログラム,発話者使用相手別などによる分類語彙表作成プログラム等研究補助用の言語処理プログラム「65MATSUE」を開発し,処理を行った。
文字化資料を用いて,待遇表現(その中でも「ていねい表現」「尊敬表現」「要求表現」および呼び名に関係したもの)に関係していると考えられるいくつかの言語要素と,それらの要素の選択を規定している条件を明らかにしようとした。これまで国語研究所で行った24時間調査では,性・年齢・学歴・職業・出身地など固定的(絶対的)な条件を問題にしてきたが,この研究では,談話そのものに目をむけ,形態音韻表記テクストの電子計算機処理データの分析をし,話し相手とのさまざまな関係や談話の持つコミュニケーション上の機能,ことばの調子,話題の特徴など臨時的(相対的)な条件の視点から待遇表現にせまった。
1971年『待遇表現の実態-松江24時間調査資料から』を刊行した。
松江調査資料については,fo15「 国民各層の言語生活の実態調査:松江調査」を参照のこと
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1963-1971
管理歴
Custodial history
西が丘庁舎第1資料庫。一部,情報資料研究部第2研究室より第3資料庫へ移動。1991年9月,南不二男氏より資料移管あり,第2資料庫へ。2005年2月移転により,合流して中央資料庫。資料をfo15「 国民各層の言語生活の実態調査:松江調査」とfo100「待遇表現の実態:松江24時間調査資料から」の二つの資料群に分けた。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
・松江テクスト1-7
・松江語彙表
・形態音韻素表記テクストのプログラム「65MATSUE」による処理のアウトプット
   65MATSUE 6A Ⅰ-Ⅵ 6冊
   65MATSUE 6B 3冊
   65MATSUE 7A Ⅰ-Ⅳ 4冊
・長語S-Hコード別度数表(1)(2)
・長語S-Hコード別待遇表現関係モーフィーム表
・度数順形態素表(度数10以上)
・形態音韻表記表記テクストの原始入力テープ(磁気テープの前段階のもの,紙テープ)
・24時間調査 ノート等
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
被調査者の個人情報は原則として非公開
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
被調査者の個人情報は複写不可
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
fo0014 「戦後の国民各層の文字言語生活 」
fo0015 「国民各層の言語生活の実態調査:松江調査」
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『昭和38年度国立国語研究所年報15』(1964)
『昭和39年度国立国語研究所年報16』(1965)
『昭和40年度国立国語研究所年報17』(1966)
『昭和41年度国立国語研究所年報18』(1967)
『昭和42年度国立国語研究所年報19』(1968)
『昭和43年度国立国語研究所年報20』(1969)
『昭和45年度国立国語研究所年報22』(1970)

国立国語研究所編『戦後の国民各層の文字生活』(国立国語研究所報告29,1966)
国立国語研究所編『家庭における子どものコミュニケーション意識』(国立国語研究所報告33,1968)
国立国語研究所編『 待遇表現の実態-松江24時間調査資料から-』(国立国語研究所報告41,1971)

<関連文献>
「外来語の普及度-松江の調査から-」(『言語生活』No.161)1965-2 石綿敏雄
「松江調査の結果」(松江での報告講演会での配布資料)1965-2
「座談会,敬語調査法をたしかめる」(『言語生活』No.162)1965-3 斎賀秀夫,松本昭ほか
「この人の敬語行動-松江24時間調査から-」(『言語生活』No.162)1965-3 (講座「ことばの生活」第3巻,筑摩書房,1967に再収) 南不二男
「マスメディアと市民-長岡市と松江市の市民の場合-」(『新聞研究』No.166)1965-5 渡辺友左
「言語生活研究覚え書き」(『国立国語研究所論集ことばの研究』第2集)1965 渡辺友左
「言語行動のタイプ」(『文体論入門』三省堂)1966 林四郎
「私たちの生活とメモ」(『言語生活』No.192)1967-9 林四郎
「電子計算機による話しことば資料の分析・処理の研究」(『昭和41年度国立国語研究所年報18』) 1967
「言語情報処理に関する基礎的研究」(『昭和42年度国立国語研究所年報19』) 1968
'Some Remarks on Honorific Expressions in Modern Japanese' (オーストラリア,パースの西オーストラリア大学で行われた,Australian Universities Language and Literature Association の第12回大会での発表資料)1969-2 南不二男
「形態音韻論」(『数理科学』7-11)1969-11 南不二男
「松江24時間調査における『談話』について(『LDP』 国語研究所第一資料室,第三資料室,言語計量調査室月報別冊 No.7)1970-11 南不二男
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2009/3/
記述作成者
Name of recorder
礒部よし子
記述言語
Language of record
日本語