※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/10/19

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0103
表題
Title
漱石・鴎外の用語の研究
概要
Description
夏目漱石・森鴎外の各作品において使用されている語彙の調査・分析,ならびに用語索引の作成に関する資料。
配架位置
Location of material
中央資料庫,中央メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱32箱,磁気テープ52本,マイクロフィルム(リール)2本,マイクロフィルム(フィッシュ)66枚
資料作成者
Name of creator
[第四研究部第一資料研究室(昭和47-48年度)]田中章夫(室長),中野洋,靍岡昭夫。[言語計量調査室(協力。昭和47-48年度)]石綿敏雄(室長),斉藤秀紀,村木新次郎。[言語計量研究部第一研究室(昭和49年度より)]室長:土屋信一(昭和50年度より),研究員:田中章夫,中野洋,靍岡昭夫。[同第三研究室(協力。昭和49年度より)]室長:石綿敏雄,研究員:斉藤秀紀,米田正人。[研究補助]益子芳江,堀江久美子,桜井敏子,林実知代,竹内純子,小高京子,沢村都喜江,下山いくよ,岡田敏子,長田厚子。
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
1.研究目的
本研究は,昭和46年度に行われた「電子計算機による言語処理に関する基礎的研究」の一環として開発したKWICシステム(文脈つき用例索引。以下,第1システム)と漢字かな混じり索引システム(以下,第2システム)を使用し,夏目漱石・森鴎外の作品の用語を分析し,索引を作成した。
また,言語情報(原文,および索引の磁気テープファイル)の蓄積と処理システムの改良が行われた。

2.担当部署
昭和46-48年度:第四研究部第一資料室,言語計量調査室(協力)
昭和49-51年度:言語計量研究部第一研究室・同第三研究室
担当者名については,上記「資料作成者」の項目を参照のこと。

3.研究経過
[昭和47年度]
第1システムを使用して,漱石『三四郎』・鴎外『高瀬舟』の二作品について索引作成のオペレートを実施し,索引ファイル(磁気テープ)を作成した。さらに『高瀬舟』について,全文カタカナのKWIC索引を出力した。
また第2システムを製作し,前年度から鴎外『寒山拾得』のプレエディット(単位切り・情報つけ)を実施し,漢字テレタイプ(以下,漢テレ)による入力を開始した。一方で,検索システムの開発に着手し,単語単位の検索が可能な段階にまで達した。そのため,このシステムを使って前年度末に漢テレによる入力を開始した『寒山拾得』について,索引ファイルを作成した。
同時に,「五十音順索引」と「品詞別用例表」を作成し,日立製作所の漢字プリンターにより,その出力実験を行なった。これに引き続いて,鴎外『雁』のプレエディット,漢テレのパンチを開始し,さらに漱石『坊っちゃん』の単位切りを実施した。
また第1システムによる処理は,漱石の『硝子戸の中』の入力とオペレートを完了し,同じく『行人』についての入力を開始した。

[昭和48年度]
前年度に完成した第1・2システムの改良と索引ファイル作成を進めた。経過は以下の通り。
・鴎外『雁』『山椒大夫』,漱石『坊っちゃん』の索引作成のオペレート開始。
・『雁』と『寒山拾得』のS単位KWIC索引を完成(漢字プリンターS5300を使用)。
・漱石『草枕』のプレエディットを終了。漢テレ入力を開始し,鴎外『渋江抽斎』のプレエディットを開始。
・第1システムを利用して『硝子戸の中』『行人』のKWIC索引を完成。また鴎外『青年』のプレエディットと漢テレ入力を完了した。

[昭和49年度]
第1システムにより『青年』の索引ファイルを完成させ,全文かたかなのKWIC索引を出力した。
一方で,第2システムでは『寒山拾得』『雁』の再校正,『山椒大夫』のオペレートが終了した。また,『草枕』『渋江抽斎』の漢テレ入力が終わり,『坊っちゃん』とともにオペレートを実施。さらに漱石『こころ』のプレエディットを開始した。

[昭和50年度]
第2システムによって,下記5作品の索引作成を進めた。
『山椒大夫』:漢字プリンタによるKWIC索引の出力印字。
『坊っちゃん』『草枕』:索引ファイル作成・KWIC索引の印字出力。
『渋江抽斎』『こころ』:プレエディット(単位切り・清書・付加情報つけ等)。

[昭和51年度]
第2システムを用い,『坊っちゃん』『草枕』『山椒大夫』の索引化を進めた。主な内容は,昨年度までに出力されたKWIC索引の検査と,それによって発見されたエラーの修正。この結果,修正されたKWIC索引ファイル(磁気テープ)が出力された。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1972-1976
管理歴
Custodial history
研究開発部門第一領域より,中央資料庫へ移管。また,図書資料扱いのKWIC台帳については図書館より移動した。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
[用語索引の作成に関する資料]
KWICシステムによる,第2システムによって出力されたデータ(作業台帳,ならびに磁気テープ)。主な内容は以下の通りである。
・漱石・鴎外各作品のKWIC台帳
・KWIC修正データ
・各作品の原文ファイル(磁気テープ)
・語形索引
・マイクロフィルム版・マイクロフィッシュ版のKWIC:「寒山拾得」「山椒大夫」「坊っちゃん」「雁」
・索引関連プログラム台帳
・エラーリスト
・漢字プリンタ出力仕様書
・ KWICシステムによって出力された索引ファイル(磁気テープ)
・漢字解読テーブル
・コード変換テーブル
・図書資料の扱いのKWIC台帳(請求記号:099/Ko49):「浮世風呂」「雁」「草枕」ほか 。

[調査資料]
語彙調査で使用された,漱石・鴎外の文学全集(岩波書店版『漱石全集』,同『鴎外全集』)。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報は原則として非公開。
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報は複写不可。
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
磁気テープは油の滲み出したもの,テープ枠の破損したものが多数あるため,取り扱い注意。また,マイクロフィルムについては経年による劣化・酸化が進んでいるため,取り扱い注意。
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
fo0108「電子計算機による言語処理に関する基礎的研究」
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『昭和47年度国立国語研究所年報24』(1973)
『昭和48年度国立国語研究所年報25』(1974)
『昭和49年度国立国語研究所年報26』(1975)
『昭和50年度国立国語研究所年報27』(1976)
『昭和51年度国立国語研究所年報28』(1977)
国立国語研究所第一資料研究室『森鴎外「寒山拾得」用語索引』(国立国語研究所第一資料研究室,1974)
靍岡昭夫「「-な」と「-の」について―漱石と鴎外の場合―」『電子計算機による国語研究』Ⅸ(国立国語研究所報告61,国立国語研究所,1978)
靍岡昭夫「漱石『坊っちゃん』と鴎外『雁』における助詞「へ」と「に」の比較」『電子計算機による国語研究』Ⅹ(国立国語研究所報告67,国立国語研究所,1980)
備考
Note
移管年月日
Reference code
2004/10/01
移管者名
Name of applicant
山崎誠
記述作成年月日
Date of record
2008/11/25
記述作成者
Name of recorder
寺島宏貴,森本祥子
記述言語
Language of record
日本語