※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/10/19

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0109
表題
Title
言語計量研究部の資料:各種刊行雑誌等
概要
Description
言語計量研究部が部内資料として定期的に刊行した速報性の強い雑誌類,ならびに語彙調査プログラム資料。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱3箱
資料作成者
Name of creator
国立国語研究所言語計量研究部
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
国立国語研究所言語計量研究部は,研究成果の発表媒体として同研究部から各種の雑誌(部内資料)を発行した。各号に電子計算機処理,語彙調査,KWIC索引の作成等に関する研究論文を掲載。
雑誌名は次の通りである(カッコ内は刊行期間)。
・『LDP』1(1968-1974):LDPはLanguage Date Processingの略。言語計量研究部の刊行した「月報」の別冊にあたり,年2回ほど刊行。
・『言語計量研究部季報』(1975-1984):上記「月報」の後を受け,原則年4回,臨時休刊,増刊が随時行われた。
・『CL通信』(1985-1989):CLはcolumn address strobe latencyの略。ほぼ4ヶ月に1度の間隔で刊行された,速報性の強いもの。計量研究部員を中心として,電子計算機を使用する所員のシステムやプログラムに関する情報交換と,各自の担当する研究の各段階における報告を主体とする。
・『CL研究』(1987-1989): 1年間に刊行した上記「CL通信」の中から,早期に公表する必要の強いものを選び,年刊として刊行した。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1968-1989
管理歴
Custodial history
国立国語研究所研究開発部門第一領域より中央資料庫へ移管。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
資料内容は以下の通り。
・言語計量研究部の刊行物:『CL通信』1-14(1975-1983),『CL研究』1-3(1987-1989),『季報』(1975春-1983夏),『LDP(月報別冊)』1-13(1968-1974)
・語彙調査の一貫処理プログラム仕様ファイル
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『昭和59年度国立国語研究所年報36』(1985)
『昭和60年度国立国語研究所年報37』(1986)
『昭和61年度国立国語研究所年報38』(1987)
『昭和62年度国立国語研究所年報39』(1988)
『CL通信』1-14(国立国語研究所言語計量研究部,1975-1983)
『CL研究』1-3(国立国語研究所言語計量研究部,1987-1989)
『LDP』1-13(国立国語研究所,1968-1974)
『言語計量研究部季報』(国立国語研究所言語計量研究部,1975-1983)
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2009/02/05
記述作成者
Name of recorder
寺島宏貴,森本祥子
記述言語
Language of record
日本語