※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/10/19

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0114
表題
Title
簡約日本語の創成と教材開発に関する研究
概要
Description
外国人に対する日本語教育のための,より平易な日本語である「簡約日本語」の創成に向けた研究とデータ蓄積に関する資料。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱36箱
資料作成者
Name of creator
国立国語研究所長:水谷修。国立国語研究所日本語教育センター第二研究室:佐々木倫子(室長)。同・分室:野元菊雄(客員研究員),川又瑠璃子(研究員),義本(江田)真帆・加持文子(以上,事務補佐員)。
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
1.研究の概要
本研究は当初「簡約日本語の創成と教材開発に関する研究」としてスタートし,平成3年度からは第2期として「国際語としての日本語の創成とその教材化」となって継続した。
研究目的は,日本語を国際共通語として位置づけるうえで,日本語から難しい部分を取り払ってエッセンスを抽出することである。このようにしてできる日本語を「簡約日本語」と称する。本研究は「簡約日本語」を創成し,その教材化を目標とする。

2.研究期間と課題名称
第1期:昭和63年度-平成2年度
名称:「簡約日本語の創成と教材開発に関する研究」
第2期:平成3-6年度
名称:「国際語としての日本語の創成とその教材化」

3.担当部署
国立国語研究所日本語教育センター第二研究室。
担当者名については上記「資料作成者」欄を参照のこと。ただし,実際の研究は野元菊雄が中心となって行われた。

4.研究手順
A.基本文型の決定
手順:(1)現行の日本語教科書の中から文型を取り出し,カード化して分類。
(2)手順(1)に基づき,文型を決定する。
データソース:現行の日本語教科書。『Japanese for todayあたらしい日本語』(学習研究社,1973年)など。
産出される資料:各教科書の文型の提出順を比較する表,文型・文例一覧。
B.文法の決定
手順:(1)上記教科書から文法事項を文型と共にデータバンクとして蓄え,必要に応じて取り出せるようにする。
(2)手順(1)に基づき,文法を決定する。
データソース:上記に同じ。
産出される資料:データバンク(ハードディスク),出力データ一覧(ファイル)。
C.語彙の決定
手順:(1)暫定的に選定した2,000語のうち,多義語についての意味の設定をし,文脈つき用例を採集・分析する。
(2)動詞と形容詞について,実際の話しことば・書きことばにおいては,どの活用形の使用度が高いかを調査する。
(3)これまでの手順から得られたデータを総括し,一語ずつ登録カード(データバンク)を作成する。このカードを,日刊新聞ならびに『言語生活』KWICといったデータとともにファイリングをする。
(4)多義語の意味を決定する。
データソース:日刊新聞のKWIC(文脈つき用例索引),雑誌『言語生活』のKWIC。
産出される資料:[暫定]簡約日本語語彙表,簡約日本語登録カード。 
D.教材作成
簡約日本語を学ぶためのステップⅠ-Ⅹまでの教授項目を教材化する。

5.成果刊行物
研究報告書として『簡約日本語の創成と教材開発に関する研究』(1992年版・1994年版)が刊行された。
詳細は下記「関連出版物」を参照のこと。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1989-1994
管理歴
Custodial history
西ヶ丘庁舎旧現像室に保管してあった資料を,立川移転時に担当者により中央資料庫へ移管。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
研究期間の第1期,第2期それぞれ1,000語ずつ(計2,000語)収集・分析された語彙を五十音順に分類し,1語ずつフォルダーに整理したもの。
具体的には,1フォルダ(1語)につき下記の資料がファイリングされている。
・言葉の語義を記入したカード
・データソース内のページ数と用例数の一覧表
・言語生活KWIC,新聞KWICに現れた用例
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『国立国語研究所年報』40-45  1989-1994
国立国語研究所日本語教育センター第二研究室分室編『簡約日本語の創成と教材開発に関する研究』(国立国語研究所日本語教育センター第二研究室分室,1992.7-1994.3)
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2009/02/19
記述作成者
Name of recorder
寺島宏貴,森本祥子
記述言語
Language of record
日本語