※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/10/13

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0120
表題
Title
方言における音韻・文法の諸特徴に関する全国的調査研究
概要
Description
全国各地の方言における音韻と文法の調査に関する資料。
配架位置
Location of material
中央資料庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱1箱
資料作成者
Name of creator
飯豊毅一,佐藤亮一,真田信治,沢木幹栄,白沢宏枝,W.A.グロータース
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
1.研究概要
本研究は,昭和52(1977)から56年度(1981)までの5年計画(準備調査2年,本調査3年)で方言における音韻・文法の諸特徴について臨地調査を行い,その全国的地域差を明らかにすることを目的とした。臨地調査は,各年度に委嘱される地方研究員に委託するとともに,言語変化研究部第1研究室も参加して行った。
なお,この研究は「表現法の全国的調査研究」(fo0119)と相互に関連させつつ実施した。

2.担当部署・担当者
調査とりまとめ(調査結果の整理・分析等):言語変化研究部第1研究室
臨地調査:地方研究員,ならびに言語変化研究部第1研究室
担当者…国立国語研究所言語変化研究部第一研究室:飯豊毅一(部長),佐藤亮一(室長),真田信治(研究員),沢木幹栄(同),白沢宏枝(同),W.A.グロータース(非常勤研究員)

3.研究経過
本研究は,準備調査(2ヵ年)と本調査(3ヵ年)から成る。
[昭和52年度(1977)]
(1)言語変化研究部第1研究室で準備調査票の原案を作成し,9月の地方研究員代表者会議によって調査票の内容について検討した。同調査票の質問項目は被調査者に対して,ある名詞や動詞等について,その方言における言い換えを問うたものである。
(2)準備調査票を用いて,方言の音韻と文法に関する準備調査を実施した。

[昭和53年度(1978)]
(1)前年度の準備調査の結果を分布地図の形に整理した。11月の地方研究員代表者会議において,その分布地図を参考に本調査の項目について検討した。その結果に基づき,第1研究室で「本調査のための調査票」(280項目)を作成した。
(2)各地方研究員にこの調査票を用いて試験的調査を行った上で,これについての意見を報告することを求めた。さらに国語研の担当者も全国主要地点で調査を行った。

[昭和54年度(1979)]
(1)前年度に作成した「本調査のための調査票(案)」に最終的な検討を加え,「方言文法の全国調査・第1調査票」「同・第2調査票」を作成した。これらの調査票の質問項目は被調査者に対して,ある名詞や動詞等が方言にどう言い換えられるかを問うたものである。また,事物の名称を回答するときに使用する付図がある。
(2)(1)で作成した調査票を用いて,本調査を開始した。臨地調査は地方研究員を中心とする各地の方言研究者に依頼し,国語研の担当者も全国主要地点で調査を行った。
(3)臨地調査とは別に,52・53年度(1977・1978)に行った準備調査の成果を分類整理し,項目別の分布地図を作成した。

[昭和55年度(1980)]
(1)前年度と同様,第1・2調査票を用いて地方研究員ならびに国語研の担当者による臨地調査を実施した。
(2)前年度(3)の分布地図を『方言文法資料図集(1)』として印刷し,地方研究員等の関係者に配布した。同書は,本調査の参考用として作成されたもので,準備調査を基にした分布地図と,調査票における質問文,見出し語形に含めた音声の変種の具体例を示したものである。
(3)前年度に引き続き,準備調査の成果を分類整理し,項目別の分布地図を作成した。

[昭和56年度(1981)]
『方言文法資料集(2)』を印刷・配布したほか(『同(3)』は,昭和58年[1983]に発行),前年度と同様の作業を行った。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1980-1981
管理歴
Custodial history
西ヶ丘庁舎第1資料庫より,立川移転時に中央資料庫へ移管。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
本研究全体にわたる資料は残っておらず,現在確認できるのは下記の資料である。
・「山形県温海町地区調査票」(昭和55年[1980]11月調査,72部)
・地方研究員による鹿児島調査報告(昭和56年度[1981]):調査地点,日時,費消内訳等に関する報告。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報は原則として非公開。
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報は複写不可。
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
fo0091「方言文法の記述的研究」
fo0119「表現法の全国的調査研究」
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『昭和52年度国立国語研究所年報29』(1978)
『昭和53年度国立国語研究所年報30』(1979)
『昭和54年度国立国語研究所年報31』(1980)
『昭和55年度国立国語研究所年報32』(1981)
『昭和56年度国立国語研究所年報33』(1982)
国立国語研究所第一研究室編・発行『方言文法資料図集』(1)-(3) 1981-1983 ※地方研究員への配布用のため公刊されていないが,実質上の成果報告であるため掲載した。
備考
Note
移管年月日
Reference code
移管者名
Name of applicant
記述作成年月日
Date of record
2009/03/30
記述作成者
Name of recorder
寺島宏貴,森本祥子
記述言語
Language of record
日本語