※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/10/12

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0150
表題
Title
企業の中の敬語
概要
Description
企業の中での敬語意識と敬語使用についての調査,1975年(昭和50年)-1978年(昭和53年)に実施。 
配架位置
Location of material
中央資料庫,メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱21箱,オープンリール(録音)34本,カセットテープ260本
資料作成者
Name of creator
野元菊雄,渡辺友左,中村明,江川清,杉戸清樹,塚田実知代,堀江よし子,宮島達夫,高田正治,米田正人,佐藤亮一,真田信治,水谷修,志部昭平,日向茂男(以上国立国語研究所),當作靖彦(東京外国語大学大学院生),安井清孝・清水秀雄(東京外国語大学学生),芝山裕子(元青山学院大学学生)
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
[担当者]
野元菊雄(言語行動研究部長 昭和50年度)
渡辺友左(言語行動研究部長 昭和51年度以降)
江川清(言語行動研究部第2研究室長 昭和50年度)
中村明(言語行動研究部第1研究室長 全期間)
杉戸清樹(言語行動研究部第1研究室 全期間)
塚田実知代(言語行動研究部第1研究室 全期間)
堀江よし子(言語行動研究部第2研究室 昭和50年度)

宮島達夫(言語体系研究部),高田正治・米田正人(言語行動研究部),佐藤亮一・真田信治(言語変化研究部),水谷修・志部昭平・日向茂男(日本語教育センター)の他,當作靖彦(東京外国語大学大学院生),安井清孝・清水秀雄(東京外国語大学学生),芝山裕子(元青山学院大学学生)が調査に協力した。

[概要]
1975年度(昭和50年度)-1977年度(昭和52年度)に,課題名「敬語の社会的研究」の題目のもとに,東京・茨城・大阪・京都の各地において,大企業の事業所や社宅,個人経営の小企業,および企業の地元の地域社会を対象として,敬語意識と敬語使用についての各種調査を行った。「企業の中の敬語」の資料は,その調査研究によるものである。
調査方法:アンケート調査は、面接調査対象の日立製作所6カ所と日鐵建材1カ所の計7カ所の事務系、現場系で行なった。面接調査は、アンケート調査回答者のうち、日立製作所の本社他、計6事業所で、調査員1名が被調査者1名に対して質問票に沿って行い、反応記録表に記入した。アンケート調査は言語意識や敬語意識を、面接調査では、設定する1グループ内での呼びかけや敬語行動の実態を調査した。専門用語調査は、敬語アンケートに別紙を付けて、事務用語や機械用語の名称を調査した。また面接調査では工作機械の絵を提示して、その名称を質問した。

・企業内面接調査
日立製作所本社 (109名) 1975年10月
  日立工場 (50名) 1976年11月
  多賀工場 (50名) 1976年11月
  大阪営業所 (17名) 1977年6月
  大阪商品営業所 (9名) 1977年6月
  多賀工場京都分工場 (19名) 1977年6月
  計254名
・企業内アンケート調査(有効件数:事務系/現場系)
日鐡建材本社 (195名) 1975年7月
日立製作所本社 (348名) 1975年7月
  日立工場 (138名/147名) 1976年10月
  多賀工場 (83名/85名) 1976年10月
  大阪営業所 (42名) 1977年6月
  大阪商品営業所 (9名) 1977年6月
  多賀工場京都分工場 (48名) 1977年6月
計1095名
・店舗内面接調査 (14名)
  稲葉先春園<茶舗> 大阪市北区
  渋谷利兵衛商店<結納屋> 大阪市東区
  中川伊兵衛商店<スーパー> 大阪市西区
・市民調査 (85名)
 日立市民 (はえぬき,高年齢層:20名) 1976年9月
 日立市民 (移入者,中年層,有職:53名) 1976年9月
 京都府民 (社宅住民,北関東出身者,茨城在住経験者:12名) 1977年6月
・企業内録音調査
  日立製作所本社 (人事教育部・室内及び電話) 1975年7月
  日立工場 (教員室兼事務室・室内及び電話、行動観察記録)1976年11月
  多賀工場京都分工場 (総務課事務室・電話) 1977年6月
・専門用語調査
アンケート調査:日立製作所本社/日鐵建材本社(事務用語)
          日立製作所日立工場・多賀工場(機械用語)
日立製作所大阪営業所・大阪商品営業所(事務用語)
日立製作所多賀工場京都分工場(機械用語)
回収数:事務系 543名、現場系 453名
面接調査:日立製作所本社/同 日立工場・多賀工場
回収数:事務系104名、現場系100名

調査資料の企画・整理・集計・分析は言語行動研究部第1研究室が担当し,1982年に報告73『企業の中の敬語』を刊行した。
「専門用語」の調査項目については,言語体系研究部第2研究室の宮島達夫が整理・集計し,まとめた。(報告68『専門語の諸問題』)

[成果]
杉戸清樹(1976)「職場での敬語」(『言語生活』295号 1976年4月号)筑摩書房
――― (1978a)「職場社会での敬語の実態」(第4回社会言語科学会シンポジウム・口頭発表)国際キリスト教大学
―――(1978b)「企業の中の敬語」(国立国語研究所創立30周年記念研究発表会・口頭発表)国立国語研究所
―――(1979a)「職場敬語の一実態」(『言語生活』328号 1979年4月号)筑摩書房
―――(1979b)「企業の中の敬語」(『マネジメント』1979年5月号 日本能率協会)
中村 明(1979)「企業の敬語」(早稲田大学国語学研究会 口頭発表)早稲田大学
野元菊雄(1977)企業内における敬語行動『日本語と文化・社会2 ことばと社会』三省堂
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1975-1982
管理歴
Custodial history
西が丘庁舎 第1資料庫から中央資料庫へ。2009年7月録音テープ移管。
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
・調査済アンケート調査票 ファイル16冊
・調査済面接調査票ファイル27冊(日立製作所),85人分(市民調査)
・アンケート集計・分析資料(単純集計/クロス集計/三次元クロス集計)ファイル
・面接調査反応記録一覧
・調査実施マニュアル/調査実施関係資料/調査参考資料/報告書原稿/調査票白票
・録音資料 ( オープンリールテープ,カセットテープ261本 ct13128-ct13388)
面接調査録音テープ
 東京本社54本
 茨城・日立工場/多賀工場49本
 関西・京都分工場/大阪24本
 関西・商店7本
 日立市Native/Movers-in 40本
 関西・京都社宅6本
観察記録の録音テープ
 日立本社 部屋 11本、電話11本
 茨城・日立教育訓練校 室内10本、電話30本
 関西・京都分工場 電話10本
その他
 日立面接準備テスト,専門語に関する座談会 他 計9本
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
被調査者の個人情報は原則として非公開
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
被調査者の個人情報は複写不可
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
fo0006 「愛知県岡崎市における敬語の調査 1回目」
fo0007 「愛知県岡崎市における敬語の調査 2回目」
fo0098 「社会変化と敬語行動の標準(秋田・五箇山調査)」
fo0172 「学校の中の敬語」
fo0173「 日本語社会における敬意表現」
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
『昭和50年度国立国語研究所年報27』 1976 p13-15
『昭和62年度国立国語研究所年報28』 1977 p16-20
『昭和63年度国立国語研究所年報29』 1978 p19-24
国立国語研究所報告73『企業の中の敬語』 1982 三省堂
国立国語研究所報告68『専門語の諸問題』第3章 企業における専門語 1981 秀英出版
備考
Note
移管年月日
Reference code
2009/07/10
移管者名
Name of applicant
塚田実知代
記述作成年月日
Date of record
2009/9/
記述作成者
Name of recorder
礒部よし子
記述言語
Language of record
日本語