※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/07/21

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0169
表題
Title
日本語教育支援総合ネットワーク
概要
Description
打合せ関係書類,2001年度日本語教育実態調査関係資料,文化庁国語課より移管のシステムに関する仕様書等。
配架位置
Location of material
中央資料庫,メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱3箱,VHSビデオ29本
資料作成者
Name of creator
杉戸清樹,柳澤好昭,植木正裕 熊谷康雄,森本祥子
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
日本語教育支援総合ネットワークの構築及び運用開始 2001
日本語教育支援総合ネットワークの充実 2002-2003

日本語教育部門: 杉戸清樹,柳澤好昭,植木正裕
情報資料部門: 熊谷康雄,森本祥子

【着手の経緯】
「日本語教育支援総合ネットワーク」は,文化庁国語課にて構築したもの。平成13(2001)年度より国語研究所に移管され,日本語教育部門・情報資料部門共同で運営することとなった。
【業務】
業務は会員登録システムの構築と運用が中心。登録は本人確認の意味ももたせて,すべて郵送でアクセス用ID・パスワードの連絡を行った。素材登録については,文化庁時代に素材提供を受けたものについてそのまま継続して搭載し,国語研と当初提供者との間の契約の結びなおしはしていない。この期間中に「コボちゃん」を素材として追加搭載した。(担当:柳澤)
平成13(2001)年度の文化庁国語課日本語教育実態調査に協力し,アンケート用紙印刷等をおこなった。 2002年3月29日には,運営協力者会議を開き,文化庁より移管を受けた当初システムの全面入れ替えの提案を行った。
【その後について】
2003年度には,システム全体を入れ替えた。これにより,会員登録も原則としてオンラインで済ませるものとし,この後の運営はすべて日本語教育部門にて行われた。
【その他】
2003年度以降は,プロジェクト名と運営実態に変更あり。具体的には,予算は情報資料部門第二領域にて資料検索システムの構築に充て,支援ネット体制の運営は日本語教育部門にて行われた。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
2001
管理歴
Custodial history
2009-03-25 情報資料部門 森本祥子より移管
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
・打合せ関係書類,H13年度日本語教育実態調査関係資料,文化庁国語課より移管のシステムに関する仕様書
・VHS:「日本語学習ビデオ 生活」(27本)、「日本芸術院会員記録」(2本)
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報は原則として非公開。
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報は複写不可。
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
備考
Note
移管年月日
Reference code
2009/3/25,2010/8/22
移管者名
Name of applicant
森本祥子,熊谷康雄
記述作成年月日
Date of record
2009/9/
記述作成者
Name of recorder
森本祥子,礒部よし子
記述言語
Language of record
日本語