※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。

最終更新:2017/07/21

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0204
表題
Title
日本語学習者会話データベース(横断調査)
概要
Description
2006年から2009年にかけての,日本語教育研究,言語習得研究,会話分析など,研究活動のための基礎資料として利用されることを目的とした,日本語学習者と日本語母語話者である面接者(インタビュアー・テスター)の会話データ。
配架位置
Location of material
中央資料庫,中央メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2017/03/24
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱10箱,CD62枚,MD393枚,DVD8枚,デジタルビデオ44本
資料作成者
Name of creator
野山広(グループ長),早田美智子,高橋悦子,塩谷由美子(非常勤研究員)
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
日本語教育基盤情報センター整備普及グループ

日本語教育研究,言語習得研究,会話分析など,研究活動のための基礎資料として利用されることを目的として,日本語学習者と日本語母語話者である面接者(インタビュアー・テスター)の会話の文字化データ390件と,個人情報をマスキングした音声データを作成した。このうち文字化データ339件はWebページ(http://dbms.ninjal.ac.jp/nknet/ndata/opi/)より公開。音声データ215件は郵送での申し込みにより提供している。利用には「日本語教育ネットワーク」への会員登録が必要である。1データあたり約30分で,学習者の日本語レベル,年齢,性別,出身国,母語,職業,日本語滞在期間等からデータの検索が可能である。
 日本語の会話レベルの評価の方法としては,American Council on the Teaching of Foreign Languages(ACTFL:全米外国語教育協会) のOral Proficiency Interview(略称:OPI。面接式口頭能力テスト)の方式を用いた。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
2006/4-2009/9
管理歴
Custodial history
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
作成過程における個人名,住所,及び日本語会話レベルの判定のデータ等,「日本語教育ネットワーク」への会員規程及び著作権法によりマル秘扱いとなるデータ・文書がほとんどである。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報は原則として非公開。
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報は複写不可。
資料使用言語
Language of material
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
備考
Note
移管年月日
Reference code
2011/08/19
移管者名
Name of applicant
早田美智子
記述作成年月日
Date of record
2016/07/13
記述作成者
Name of recorder
山口亮
記述言語
Language of record
日本語