Fond Document

※研究資料の閲覧利用は、事前の申し込みが必要です。詳しくは「研究資料室の利用について」をご覧ください。


最終更新:2022/05/31

資料群ID(fond番号)
Reference code
fo0272
表題
Title
話し言葉コーパスの言語的・パラ言語的構造の解明に基づく『話し言葉工学』の構築(CSJ)・補遺
概要
Description
fo0209「話し言葉コーパスの言語的・パラ言語的構造の解明に基づく『話し言葉工学』の構築(CSJ)」の補遺。東工大・通信総研と共同で実施した旧科学技術庁開放的融合研究推進制度による「話し言葉工学」の研究会関係資料。
目録
Catalogue
配架位置
Location of material
中央資料庫,中央メディア保管庫
公開年月日
Date of release
2022/05/31
資料群に含まれる資料の年代
Dates of creation of the material in the unit of description
1999-2003
数量・形態
Extent of the unit of description
保存箱6箱,カセットテープ20本
資料作成者
Name of creator
前川喜久雄
資料作成組織の履歴
Administrative / Bibliographical history
言語行動研究部 平成11(1999)-平成12(2000)年度
研究開発部門 平成13(2001)-平成15(2003)年度
自発的な「話し言葉」の情報処理技術の基盤を確立することを目的に通信総合研究所の有する自然言語処理技術と,国立国語研究所の有する言語学的知見を,研究総括責任者(東京工業大学教授・古井貞煕)の有する音声情報処理に関する知見のもとに統合して研究を推進した。
資料作成年月日
Dates of accumulation of the material in the unit of description
1999-2003
管理歴
Custodial history
入手情報
Immediate source of acquistion
資料内容
Scope and content / Abstract
韻律アノテーションシステムX-JToBI関係資料,開放的融合研究「話し言葉工学」研究会資料,『日本語話し言葉コーパス』印象評定データの作成のために実施した音声評定実験の資料,英国ロングマン社との契約書草稿・交渉過程の文書類,「自伝的記憶の変容」に関するアンケート調査票。キックオフシンポジウム等の録音資料。
評価・廃棄
Appraisal, destruction and scheduling information
追加受入
Accruals
利用条件
Access conditions
個人情報に配慮すること
複写条件
Copyright / Conditions governing reproduction
個人情報の含まれる資料は複写不可。
資料使用言語
Language of material
日本語
物理的特徴
Physical charactristics
検索手段
Finding aids
オリジナル資料の存在
Location of originals
 複製の存在
Existence of copies
関連調査・研究
Associated material
fo0209「話し言葉コーパスの言語的・パラ言語的構造の解明に基づく『話し言葉工学』の構築(CSJ)」
fo0270「日本人の話しことばに関する総合的研究」
成果刊行物(DB等含む)
Publication note
国立国語研究所『日本語話し言葉コーパスの構築法』(国立国語研究所報告124,2006)
日本語話し言葉コーパス
備考
Note
移管年月日
Date of approval
2022/03/22
移管者名
Name of applicant
前川喜久雄
記述作成年月日
Date of record
2022/05/27
記述作成者
Name of recorder
中島彩花
記述言語
Language of record
日本語